あるとのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 内職あれこれ(Part 1)

<<   作成日時 : 2009/05/21 12:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今朝、久しぶりに内職やさんからTELがあった。 
 さすがに1ヶ月も休んでいたら、まずいとは思っていたが
 一度、(体の調子が)よくなってきたけど、また悪くなってしまった。
 というようなことを言ったら、仕事的には困ってないから
 大丈夫と言われてしまった。
 やはり、この辺りが辞め時なのかと考えてしまう。
 いや、自分自身が逃げたいだけかとも・・・

 私の内職暦は結構長く、また職種も様々だ。
 
 初めての内職は、おもちゃの部品の切り離しをする仕事だった。
 これは、ダンナの同僚の奥さんがやっていて
 家で働くならと薦められてやってみた。
 
 この仕事は、年に半年ほどの集中仕事で半年は休みだった。
 この頃は時給もよく500〜600円くらいで日に5時間ほど
 働くだけで、結構よい金額になったと思う。
 しかし、奥さんの体の調子が悪くなり辞めてしまったため
 3年目に入ろうとする時に終了。

 その奥さんの薦めで、シャンプーなどのキャップのバリ取り
 (余分な部分を削る)をしたが、非常にチェックが厳しく
 また、時給的にも見合うものではなかったので2,3ヶ月で
 辞めました。 

 次の仕事は、今度は違う同僚の奥さんがやっているということで
 カメラの部品の半田付けの仕事をした。
 この仕事が、今までやった中で一番時給的に良いものでした。
 600円以上いってたと思います。
 仕事の量も自分の都合で多くも少なくもでき
 実によかったのですが、ちょうど部品関係の仕事が
 国内ではなく国外に移行する時期にあたり
 だんだんと仕事の量が減り、ついに無くなってしまったのでした。

 その後、電気部品を組み立てる仕事を見つけたのですが
 量が非常に少なく(一日1〜2時間程度)で終わってしまうようなもので
 月に2万円になるかならないかだったため、3,4ヶ月で辞めました。

 この後、数年、子育て等で内職はしませんでした。
 次に始めたのは、今から10数年前

 町で内職の案内をみつけやってみた。
 内容は、タオルをたたんで包装するというもの
 時給が悪く、200円もいかない、なのに、やたらと時間がかかり
 8時間ほど費やされることも
 なので、年末の忙しい時期をこなして辞めました。

 ここまで内職をしてきて、内職の良し悪しも若干わかってきた私は
 次の仕事選びには、ちょっと慎重になりました。
 
 1、時給が良いこと

 2、時間的には5,6時間

 3、コンスタントに仕事があること

 4、企業的に安定している職種

 5、時間に拘束されないもの
    (自分が動ける範囲内に仕上げれば良いということ)

 まぁ、こんなところを基準にしつつ選んだところ
 ケイタイ部品の組み立てをする仕事を見つけました。
 時はまさにケイタイ時代に入りつつあった時期で
 仕事に切れ目はありませんでした。
 むしろ、忙しいくらいで毎日仕事をしても
 もっとできないかと増やそうとしてくる有様で・・・
 
 時給的にも500円前後というところで
 月々、結構いただいてました。
 まぁ忙しすぎて大変ではありましたけど・・・(^_^;)

 しかし、そんな時期もケイタイが普及し始めると
 だんだんと量が減っていき、時給も次第に悪くなっていきました。
 そして、ついに1、2ヶ月ほど無しという状態になり
 そろそろ別の仕事を探そうと思い見つけたのが
 今の仕事でした。

 内職あれこれ(Part 2)へつづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内職あれこれ(Part 1) あるとのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる