あるとのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS これで最後? 朝青龍問題(Part 1)

<<   作成日時 : 2007/09/01 09:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

8月いっぱい、騒ぎに騒いだ朝青龍問題にも、ようやく決着がついた。
これまでのマスコミの情報、ある番組の某女史の言葉等々から
自分自身で導いた結果は、

 朝青龍は、決して、相撲を辞めることはない。

でした。
私自身、この一ヶ月あまりの間、ずいぶん悩み、苦しみました。
仕事で忙しい中、ブログも3回も書いてしまったし・・・
でも、昨日の某女史の言葉で、たぶん、こうなんだっていう結論が出たので
こちらにも載せることにしました。あくまでも、私の見解ですけど・・・

朝青龍は確かに腰とひじを痛めていたのは事実だと思います。
(力士と言わず、あらゆるスポーツをしている人たちが、自分の体を酷使して
勝つために、記録を伸ばすために無理をし、体を痛めていると思います。)
だから、夏巡業を休んで、モンゴルでゆっくりしたいと思ったのでしょう。
白鳳が横綱になったことで、今回は白鳳がメインになり、自分の出番は
そう多くないとも思ってしまったのかもしれません。何かと比べられるのも
いやだったのかもしれません。

モンゴルへ帰った横綱は、早速、以前、行ってよかったホジルトへと行こうと
思ったのですが、知り合いの方から、サッカーのイベントがあるから
ちょっと出てもらいたいと打診をされ、まぁ、見るだけならと承諾したのです。

以前からサッカーが好きだった横綱は、見ているうちに自分もやってみたいと
思っていたことでしょう。そこへ、他の方たちからも、ちょっと出てよのコールが
かかる、体は、つらかったけど、ほんの数分ならと出てしまいました。
こんなチャンスはないと、見ていた人たちは、彼のサッカーする様子を撮り
ました。その中には、その映像を他の人にも見せたいと思った人もいたこと
でしょう。それが、例の映像ではなかったかと思われます。

一方、日本では、”さぁ、夏巡業だ。横綱 白鳳も誕生し、ようやく相撲に
活気が出てきたぞ!”と、いきおいこんでいたのですが、
夏巡業に朝青龍が出ないことがわかり、また運わるく、例の映像が流されて
しまったのです。

この映像をみた多くの人々が、夏巡業をさぼって、サッカーなんかして許せない
と思いました。一部の人たちは、相撲協会に抗議の電話をし、マスコミでは
仮病説が飛び交い、問題は大きくなるばかり。

そこで、親方は、とにかく、横綱を日本に戻さなくてはと、彼に電話します。
彼には、多くを伝え切れなかったので、日本に戻ってきて、空港で群がって
くるマスコミに圧倒されてしまった朝青龍は、とにかく自分のマンションに
戻りたいと思い、マンションへ帰ります。

 この時、もし彼が親方なりなんなりに相談し、協会に行って、事の次第を
 話、記者会見なりなんなりしていたなら、事態はこんなに大きくならず、
 また、処分もあるいは軽くなっていたかもしれません。


とりあえず、マンションへ戻った彼は、これから、どうしたものかと考えます。
知り合いに電話をしたりもしたことでしょう。しかし、よい考えは浮かびません。
そうこうしているうちに、協会から厳しい処分を言い渡されてしまいます。

自分が、今まで一人横綱としてがんばってきたことは、協会側もわかって
いるハズ、だから、まさか、こんなに重い処分が下るなんて思いもしていな
かった彼は、深く傷つき悩みました。親しくしていた某女史も怒りを番組内で
伝えてきました。

始めは、納得のいかない処分に対し、”どうしてなんだ、こんなハズじゃな
かった、これから、どうしよう”と考えがまとまらず、一人マンションで考え
あぐねる日々だったと思います。

事態の収拾を少しでも早く決着させたいマスコミ陣は、出てくる横綱を早く
撮って、コメントを聞きたい思いから、マンションに張り付いて離れません。
友人、知人は、彼のことを心配して彼のマンションへ行き、数人の人が
どういう状態であるかをマスコミに話をしました。その様子が一応に同じ
ような様子なので、これは、精神的におかしくなっているのでは?という
話が飛び交います。

朝青龍としては、外から様子を見られたくないのでカーテンを閉め切って
いたのでしょう。テレビをつければ、自分のことがよくも悪くも伝えられて
いる。ので、テレビは消してしまったと思います。でも、やっぱり、世間の
ことを知りたいという思いにかられ、結局、つけることにしました。でも、
聞くに堪えない話も聞こえてくるので、音のみを消して見るだけに徹した
んだと思います。

Part 2へつづく












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
がんばれ朝青龍
霧島生活者の霧島人です。朝青龍、どうもよくないようですね・・・強い横綱が、すっかりやる気がうせてしまったようです。相撲を伝統の国技格調の「相撲道」とするか、純粋に強さだけが優先される「格闘技」とするか・・・そのハザマで行き場をなくしたように見えますねえ何はともあれ朝青龍ファンとしては、スッキと解決してほしいと切望します。現代社会は、うまく溶け込んだものが結局は生き残れるようにできているのかも・・もし今行き場のなさを感じているのでしたらこころのケアーが必要では・・・・↓ケアーが必要な方に参考になる... ...続きを見る
霧島・温泉つれづれ
2007/09/01 17:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これで最後? 朝青龍問題(Part 1) あるとのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる