あるとのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 女、四十になり思うこと

<<   作成日時 : 2005/12/09 16:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

40を越えて、半年近く経った。

いつもは、歳をとったからといって何かを始めようとか
これからは、こうしようなどと考えたことはなかったが
今回ばかりは、なぜか、いろいろと考えてしまうようだ。

やはり、40才という歳は、何か、特別な意味合いがあるのだろうか?
そういえば、今年は、何か違っていた。
すっかりみなくなった夢などみて、それをきっかけに若い時にしていた空想などを
よくするようになった。
もし、私に文才があったら、小説に書きたいと思うくらいのかなりの長編だ。

それを機会に、あれもしたいこれもしたいとやりたいことが出てきたり
これから、していくべきことが何であるかを考えるようになった。

もちろん、今まで何もしないでいたわけではない。
やりたいことは、不可能でない限りやろうとしてきたし
自分の好きなことは好きなこととして
我慢せずに、好き勝手にやってきた。

だから、今更ということもないのだが
今回は、今現在ということより、これからのことを考えて何をしたらいいのか
ということを踏まえて考えるようになっていることだ。

人生80年とするならば、40は、まさに、折り返し地点
これからの人生を有意義に過ごしていくためにも
今からしておかなければならないことが、実にたくさんあることに気づいた
ということかもしれない。

そんなとき、図書館で40代にすべきことが書かれていると思われる本を
借りてきて読んだのだが、それが、私にとっては、思いのほか、つまらない本で
がっかりした。

その本のいうすべきことのほとんどは、私が、いつもしていることであって
今更、改めてするようなことは、ほとんどなかったのだ。
しかし、世の中の多くの女性にとっては、かなり、勉強になることだろう。
が、そういう人たちは、その本を読んだとしても、おそらく実行しようとする人は
ほとんどいないかもしれない。

ところで、みなさんは、「もう、40才」と考える方ですか?
それとも、「まだ、40才」と考える方ですか?

若いうちは、
”40才くらいまで生きたら、それでいいじゃない。
それ以上は醜いだけだから、できたら、その頃、人生が終われたら・・・”
なんて、私自身、考えていた頃があったけど
いざ、その歳になってみると、
”なんだ、まだ、40じゃないか。これから、あれもしてこれもして・・・”
なんて、先のことを考えるようになっている自分がいます。

そう、今では、”100歳まで生きるのも悪くないかも”なんて考えるように
なっているんですから、まったく、いい加減なものですよね (^^);


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女、四十になり思うこと あるとのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる