あるとのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 同窓会の話+α

<<   作成日時 : 2005/12/02 18:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1ヶ月程前ですが、小学校の同窓会がありました。
小学校の同窓会なんて、私たち世代だとめずらしいのですが
私たちのクラスは、ひとクラスしかなく、保育園からのつながりとか
いれたら、7、8年のつき合い。さらに、中学校までを含めたら(クラ
スは別れても一応、同じ学校ということで)10年近くのつき合いと
いうことで、未だに同窓会をしているのでした。

まぁ、来るのは大抵決まっているし、クラスの半分ちょいの
集まりですが、数年に一度のおつき合いなので、参加させて
もらってます。

で、今回は、そこに久しぶりに私の初恋の人と思われている人が
いらっしゃり、何かとうるさかった (^^);

初恋の人と思われているというのは、まぁ、確かに好きで彼を
結構追いかけていたのも事実だし、一般的な考え方で言えば
それは、まさしく初恋だと思うのですが、私にとっての初恋とは
本気で好きになった人であって、彼ではないんですよね (^^);

で、その彼は、私がその時追い掛け回していたのに、つれない
態度をしてしまったことを後悔なさっているようで、「楽しめよ」とか
「もっと飲んで飲んで」とか、やたらと絡んでくるのです。
こっちは、そんなこと、当の昔に忘れているというのにです (^^);

まぁ、彼の話はそれくらいにして、私は、と〜っても気分やなので
今までに、「好きですよ」みたいに言ったことがある人は数知れず
と言えるくらい、いろんな人に言ってしまってます (^^);

高校の時など、バレンタインのチョコをそれまで好きだと公表して
いた人とはまったく違う人に渡して、ちょっとだけ付き合ってしま
ったことも・・・ (^^);

あとは、友達が好きだと言った人に仲介をしてあげるみたいな
ことを言いながら、自分で勝手にその人と交換日記とかしてし
まったこともありましたね (^^);
そのときは、さすがに、友達からシカトされましたけど・・・

まぁ、そんな感じで、とにかく、いろんな方とかかわりがあった
わけですが、当の本人は、ほとんど、そういうこと気にしてない
というのが本音です。

ということで、始めに出てきた彼が、拘っていて何かと気にして
くれたりとか、あとになって、「あの時はごめんね」と言ってくる人
とかいるんだけど、こっちとしても、「あの時はほんの気分でし
たことで」なんて言えずに、困ってしまうという (^^);

ちなみに、こういう人たちって、私の人生を小説にすると1行に
書かれる程度の人たち、始めに出てきた彼は、2,3行かな?
あるメル友のこと Part3」の人は半ページくらい。
Part1Part2の人は、2,3行ですね。

300ページくらいの小説だとすると、その10ページくらいに
本当の初恋の人の話が出てきて、それ以降は、今のところ
夫ですか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同窓会の話+α あるとのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる