あるとのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 右利き?左利き?

<<   作成日時 : 2005/11/28 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世の中には、右利きの人と左利きの人と左利きだったけど、矯正されて
右利きになった人と大まかに3種類の人間がいるらしい。
ちなみに、私は、矯正された右利きです。

矯正というと、普通、異常なものを正常に戻すという意味あいになりますが
それって何か変ではないですか?
統計的に調べたわけではないらしいですが、だいたい、世の中には
右利きの人が9割で左利きの人は1割くらいいるらしいです。
なので、左利きを異常と考えるのはどうかと・・・?

確かに、人数的には、圧倒的に右利きの人が多いわけですから
世の中の道具が右利き用になってしまうのは仕方がないと思うのですが
だからといって、左利きの人を「キョウセイ」させるという字に「矯正」という字を
使うというのは、おかしいです。私はずっと「強制」だと思ってしました。

こんなことを書く人間は、大抵、無理強いをさせられて左利きから右利きに
された人でしょう。確かに、左で書いているのを何度も注意されて右利きに
なったわけですから、何でそんなに拘るんだと子供ながらに思ったものです。
しかし、だからと言って、それ程、うらんだこともなかったです。私の場合は。

今となってみれば、右手で字を書いたり、箸を使ったり、ハサミを使ったり
包丁を使ったり
、大抵のことは右手でできるので、何の不自由もないのです。
それどころか、その時の状況によって、右手を使ったり左手を使ったりと
使い分けができるので、とても便利です。

ピンクでマーカーしたものは、さすがに左を使ってなかったので、できませんが
雑巾で拭き掃除をしたり、物を取ったり、手を上げる、コップを持つ、消しゴムを
使うなどなど、大抵のことは左を使うことが多いですね。

ちなみに、私の左利きは母からの遺伝です。でも、私の子供たちには遺伝しません
でした。子供は親の動作を真似ることなどあると思うのですが、そういうこともなかった
ようです。だから、私が子供たちを見ていて、”あっ、本当はそうやってやるんだと”
返って自分がしていた動作が、本当は、普通ではないということがわかったりします。

今の時代は、左利きの子を無理やり右利きにするということは、脳の発達に影響が
あるとかなんとか言われていて、少ないらしいです。確かに、無理に矯正されるのは
ストレスがたまってよくないですよね。左利き用の物も増えてきましたから、不自由
することは、以前ほどないかもしれませんが、世の中は、やはり右利き社会、それ
によるストレスもあるのではないかと思ってしまいます。
私が、不自由していないから言えることかもしれないですけど・・・

P・S 朝青龍は左利きだそうで、懸賞金を受け取る時に左手でもらっていたら、右手
    で受け取るものだとケチがつけられたそうです。でも、一生懸命、戦った後で
    とっさに右手で受け取るというのは、なかなか至難のワザでしょう。最近は、
    余裕が持てるようになって右手を使うようになったそうですが、たまに、左手が
    出てしまっても、ご愛嬌ということで許してあげるべきではないかと私は思います。
    まったく、いつまで経っても頭の固い方々が多すぎる世の中です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
右利き?左利き? あるとのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる